筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

ブランコ

「幾時代かがありまして親が私を生みました。幾時代かがありまして私に子ができました。幾時代かがありまして子が孫を連れてきました」

今日は孫二号(年中組、男)と孫三号(二歳、女)が来ていました。お昼過ぎに桜を見に近くの公園へ行ったそうです。公園のブランコがたいそう気にいったようです。孫二号がブランコを降りるその瞬間後頭部から落ちたそうです。

泣いたそうです。

鼻水も出たそうです。

鼻水に少し血が混じっていたそうです。

娘夫婦は慌てて救急安心センターに電話。私の運転で大きな病院へ行きました。孫二号の顔を見た瞬間私は大丈夫だと感じました。孫が診察室から出てきました。私の予感は当たっていました。

 

 

そこに一つのブランコだ 見えるともないブランコだ 頭倒さに手を垂れて 汚れ木綿の屋蓋のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん中原中也「サーカス」より)



病院からの帰り道

評判の肉屋のコロッケ買いました。

車の中でパクパク食べる孫でした。

 

f:id:jungee1962:20180403152755j:plain