筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

マック? マクド?

最近は中学生を中心に大阪の女の子もマックと呼ぶようになってきているそうです。

その理由は響きがスマートで都会っぽいから。

たしかに「マクド」では大阪弁のイントネーションを含め、どこか重くてダサイ感じが否めないという感覚は分かります。

今日のお昼は数年ぶりにマクドナルドに行って来ました。
レジが混んでるのは幸いでした。
なぜなら何を注文すればいいのか分からないからです。
じっくり順番を待つ間にメニューを見て決めたのが「ビッグマックのコンビ」四百円です。

昨日は運動会だったのか休校の小学生がたくさんいて騒がしいですが平和な感じがします。
子供ってマクドが好きですね。

僕が初めてマクドに行ったのは今から44年前でした。
阿倍野近鉄百貨店の北西の角にマクドナルドがオープンしたのです。
あの頃のマクドは本当に美味しいと思いました。
あと、アポロボールというボーリング場がアポロビルの中にありマクドハンバーガーとマックフライポテトを買って友達とボーリングに興じたものでした。

数年ぶりに食べたビッグマックに何も感じないのは僕が歳をとったからなのでしょうか。
歳をとるとそう簡単にテンションが上がらなくなるけどそれってある意味不幸なことだよね。

f:id:jungee1962:20180528205416j:image