筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

2018-01-18から1日間の記事一覧

初春文楽公演

この正月の文楽は六代目竹本織太夫襲名である。織太夫のあの身体から発せられる語りは尋常じゃない。 文楽(歌舞伎もそうだが)を観ていると睡魔に襲われることが多々ある。まあクラッシックのコンサートでもそうなのだが舞台(音楽)に集中している人間の脳…