筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

チューニング

おはようございます、じゅん爺です。

 

ギターを弾く時はまずチューニング(調弦)をします。

以前は音叉や笛などを使ってチューニングしていましたが最近は便利なチューナーという機械が発売されていてチューニングも簡単になりました。

 

しかし自分の心をチューニングするのはけっこう大変です。皆さんおひとりおひとり自分なりのチューナーを持っているとは思うのですがそのチューナーが正確に働いてくれないことも時々はあるはずです。


え、いつも正常なチューニングが全く出来ないって?

 

そういう場合は全く違うチューニング方法を模索するしかないですね。というか正確なチューナーを持っている人はまずいないんじゃないかな。多分死ぬまでチューニングし続けるのが人生なのかもしれませんね。

 

f:id:jungee1962:20180809091524j:plain