筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

敵から塩が届きますか?

今日は塩の日だそうです。

 

<塩の日の由来>
戦国時代に上杉謙信が敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り永禄十一年一月十一日塩を送らせたということから「敵の弱みにつけこまず逆にその苦境から救う」、あるいは「本来闘う内容以外のところでは援助することもあり得る」という美しい行いのこと。


なんだか最近は不祥事など起こした人をネットで叩く一般人が多すぎて辟易とします。
「敵に塩を送る」という心遣いをもう一度見直したいものです。そしてどうせ闘うなら塩を送ってくれるぐらいの人物と闘いたいものですね。

 

 

f:id:jungee1962:20180111163050j:plain