筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

年の瀬 繁華街 イルミネーション

繁華街を歩く人はいつもより足早だ。新年を迎える興奮なのか辛かったこの一年を吹っ切りたいのか、その心持ちは人それぞれだろう。

イルミネーション流行りの近年。いたるところイルミネーションだらけだ。青、赤、紫、黄、白と数種類のLEDが輝いている。一つ一つの光に人々は感情を移入する。逆に背を向ける人もいるはずだ。「世の中右も左も真っ暗闇じゃぁござんせんか」そんなセリフが陳腐に思える演出じゃぁござんせんか。

女子は男子より光に敏感な生き物。女子の機嫌がよけりゃ世の中丸く収まるって訳ですかい。あっしゃぁ裸電球の屋台で安酒一杯引っ掛けて「どこもかしこもLED だらけでやってらんねぇよ」って屋台の親父に愚痴りたい心持ちだよ。

f:id:jungee1962:20171229190205j:plain