筆の動く儘に

妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ

大和八木にて

お茶をすすりながら団子をいただく午後三時。
ふと恋飛脚大和往来が頭に浮かぶ
大坂から竹ノ内峠を越える二人の心境に想いを馳せる。
新口村はすぐそこ。

f:id:jungee1962:20170921193410j:plain